海外の有名な風習・習慣紹介サイト

>

合理的な不用品処理方法のガレージセール

アメリカの「ガレージセール」とは

「ガレージセール」は、自宅の車庫などに不用品やハンドメイド作品などを並べて販売する習慣です。
フリーマーケットの自宅版と言えばよりイメージしやすいかも知れません。

クリスマスシーズンやバカンスシーズンになると、アメリカの一般家庭の至る所で「ガレージセール」が開催されます。
中には、ビジネス教育の一環として、子どもに店番をさせる家庭もあるようです。

「ガレージセール」の主な顧客はご近所の人々です。
「ガレージセール」を機に仲良くなり、ホームパーティーに呼び合うようになる家庭も少なくありません。
「ガレージセール」は単なる不用品処分の場ではなく、ご近所とのコミュニケーションを円滑にする機能も担っているようです。

日本で「ガレージセール」をやるには

日本の場合、「ガレージセール」をやれるだけの広い車庫や庭がないご家庭が多いと思います。
この場合、仲の良いご近所さんと声を掛け合って、広いお庭のお宅で開催させてもらうのもいいかもしれません。
近くに空きの多い共同駐車場があれば、地主さんと交渉してそこで開催しても良いでしょう。

フリーマーケットやフリーマーケットアプリでは、どうしても出店料や手数料がかかりますし、設営や撮影もかなり面倒です。
であれば、その手間を一気に省くために「ガレージセール」を開いてみると良いでしょう。

なお、最近はちょっとした騒音でもクレームをつけるご近所の方がいます。
あらかじめ隣近所の方にお声がけをしておく、あるいはチラシをポスティングしておくなど、ご近所への配慮も忘れないで下さいね。


この記事をシェアする